Rinのシンプルライフ

シンプルライフを実践中!断捨離や片付けを中心に小さな平屋での何気ない日々の生活を綴っています。 ミニマリストにはなれないけれど、お気に入りの物に囲まれた自分らしい暮らしがしたい。

Tag :子育て

【お知らせ】次回のLIVE配信は8月29日21:00からです。▼我が家はステップファミリーいよいよ話題は再婚物語です。お楽しみに♬シンプルライフ実践中のRinです♬「50代からの暮らしの整え方」を出版した際に、お世話になった臼井美伸さんが本を出されたとのことで、 ...
【お知らせ】

次回のLIVE配信は8月29日21:00からです。

我が家はステップファミリー

いよいよ話題は再婚物語です。

お楽しみに♬

シンプルライフ実践中のRinです♬

「50代からの暮らしの整え方」を出版した際に、お世話になった臼井美伸さんが本を出されたとのことで、早速読ませていただきました。

IMG_0955

子供の「引きこもり」の問題に苦しみ、ようやく出口を見つけた8人の母親たちの物語が書かれています。

タイトルを見て、「ちょっと重たい本かな・・・」と思いました。
ひとまず、1人の物語を読んでみようと本を手に取りました。

少しネタバレもあります。

70代の母親Mさんのケースです。

長男(40歳)Yさんは、22歳の時から引きこもりになりました。

Yさんの異変は、中学1年生の夏休みに起こりました。
登校日に、学校へ行かなかったのです。
しかし、登校日に休むくらい大したことではないと思っていました。

そして、夏休みが終わった9月1日に階段から転落してしまったんです。
後からわかったのですが、学校へ行きたくないから自分から階段を落ちたんです。
それほどまでに、学校に行きたくなかったんですよね。

中学卒業後は、アルバイトをしながら旅行などへも出かけていましたが、22歳頃からはアルバイトもいかなくなってしまいました。

「お母さん、僕はもうどこへも行かない。何もしない。僕のことは放っておいてくれ。」

そう言って、部屋に引きこもるようになり、その日から家族はYさんの姿を見ることができなくなってしまったそうです。

家族に姿を見せることも声を聞かせることもなく座敷牢のような部屋で10年間引きこもりが続きました。
その間には、Mさんが癌になり手術をしました。
息子のことを考えると夜も眠れない。
癌に治療を受けながら心療内科へも通う日々。

「いっそ死んでくれたら」と思ったMさんと、「崖から飛び降りて死のうと思ったが死ねなかった」と、語るYさん。

そのYさんが、引きこもり家庭のサポートをしている団体の助けを借りて、10年ぶりに家族の前に現れた。
10年ぶりに太陽の下に出た。

読みながら涙が溢れてきました。
家族も本人もどんなに辛かったか。

Mさんの言葉です。
「何をするにも時間がかかるので、つい手助けしたり、言葉を出してしまいがちですが、母親としては「待つ」ことが大切なんだと感じます。
この待つということは、本当に大事だと思いますね。

私も、ついつい先回りして子供が転ばないように手を出し過ぎていました。
子育てをしながら「待つ」ことの大切さを学びました。
引きこもりの子ってね、うるさく話しかけてはいけないんです。
少し会話が出来たからって調子に乗って話しかけていると、突然シャッターをおろされますから。
話す事より、聴くことが大切だし、それ以上に待つことも大切。
引きこもりには「母親の口出しには効果はない」そうです。

母親がすべきことは黙って見守ることだそうです。
子供との距離感については、私も以前書きました。



そうは言っても、なかなか難しいですよね。
だって、母親には無責任に色々言ってくる多くの敵がいるんです。

そんな敵に対する対処方法も書かれていました。

知っているのと知らないとでは大違い!
引きこもりのサポート施設の方に既に相談しているが解決できないと悩んでいる方必見。

また、この本は、引きこもりで悩んでいる方だけでなく、

子育て中の、全ての方に読んでもらいたい。

久しぶりに全力でお勧めします。
もちろん、一気に全てのケースを読んでしまったのは言うまでもありません。

この本は、娘にも読ませたい。
「大人のひきこもり」見えない息子と暮らした母親たちについて書きました。
それでは~


私は強欲な母でした。



私の本はこちらです。





我が家を動画で見る⇨Rinチャンネル
介護ブログ⇨親が認知症になった!
家族のブログ⇨そうだ、遊びに行こう
私のお気に入り⇨ROOM
information

片付けのやり方⇨ステップ1~4
断捨離のやり方⇨コツと効果
平屋の家⇨平屋作りのまとめ
再婚物語⇨ステップファミリー
シンプルライフお勧め記事

ブログの更新通知が受け取れます♬



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む

私の出産体験その④出産さて、私の出産体験も最後になりました。始めての方は①からどうぞ!出産体験その① 出産体験その② その③ 今日は、出産前後の夫(前夫)のことです。夫(前夫)はどうしていたか?産声を聞こうと、分娩室の近くで待機していた夫(前夫)朝になり、「 ...

私の出産体験その④出産


さて、私の出産体験も最後になりました。

始めての方は①からどうぞ!

出産体験その①



出産体験その②



その③



今日は、出産前後の夫(前夫)のことです。

夫(前夫)はどうしていたか?


産声を聞こうと、分娩室の近くで待機していた夫(前夫)

朝になり、「産まれるのは何時頃になりますか?」と、看護師さんに聞くと、「初産なので、まだまだ産まれませんよ」と言われたそうです。

それならと、毎日見ていた「朝のNHK連続テレビ小説」を見るために、テレビのある待合室へ移動しました。

待合室

そして、連続テレビ小説が終わる前に、ポケベルが鳴り産まれた事を知ったそうです。
(当時は、携帯電話を持っていませんでした。)

もう15分待っていればと悔しがっていましたね(笑)

分娩台に上がって、20分足らずで産まれちゃいましたからね~。

出産直後の私


無事に娘を出産して、ホッと一息です。
出産

出産直後は、2時間程度は動くことができません。
そう、出産後の処置が終わっても寝たままの状態です。

しかし、時間になれば朝食は出るんですよね。

枕元に持って来た朝食のプレート。
忘れもしない、煮豆・豆腐・納豆と豆づくしでした。

「食べられないと思いますが、一応置いておきますね」

そう言って、分娩室を出て行った看護師さんを見届けて、一気に完食しました。
だって、出産ってお腹すきますよね~。

起き上がれないので、必死で顔を横に向けて食べましたよ。

戻って来た看護師さんがびっくりしていました(笑)

心配だった娘の心臓も問題なく、無事に一週間後に退院しました。

退院時に支払った費用は約130,000円でした。
当時は、250,000円の出産一時金が出たので、おつりがきました!

その当時としても格安な出産費用でした。


一か月検診で言われた一言


退院してからの娘は、よく寝る赤ちゃんでした。
そのお陰で、私は睡眠不足になったことがありませんでした。

2,700gと小さく産まれた娘。

お風呂
泣き声も小さく、母乳もたくさんは飲んでくれませんでした。

隣の部屋で寝ていると、泣いても声が聞こえないくらいでしたからね。

しかし、一か月後の検診では全て順調!

看護師さんからは「安産の〇〇(Rin)さん!」と呼ばれていました(笑)
病院内でも、「初産で、あのお産は凄い」と評判だったようです。

出産が軽かったせいもあり、持病も悪化することはありませんでしたが、「次の出産までは少し期間を開けるように」と、医師には言われました。

その後、娘が夜泣きをしたのは2回だけ。

温泉旅行に行った時と、夏祭りで太鼓の音を聞いた夜です。
きっと、興奮してしまったのかもしれません。

手のかからない子供で、子育てが楽ちんだと思いました。
しかし、1歳を過ぎた頃から、動きが激しく、しっぺ返しを食らったようでした(笑)

それでも、大きな病気をすることもなく、元気に過ごしてこられたのは感謝ですね。

長くなりましたので、また機会がありましたら子育て等について書きたいと思います。

出産記事は、子育て終了したユキコさんへバトンします!!



ユキコさん宜しくね~。


おまけ


今日は、防災士でもあるブロガーのTOMOIKUさんから、お電話頂きました。


都内に住む娘の事を心配して、物資でお困りのことがあれば、送るので遠慮なく連絡してと・・・・。

ありがたいことです。

そして、TOMOIKUさんに勧められて、乾燥野菜を少し買い足しました。
災害時時には、野菜不足になりがちなのであった方が良いとの事でね。
小松菜やほうれん草、人参等を!
娘にも早速、教えてあげました。

ラーメンや味噌汁にそのまま入れても良いですね。

今の夫は再婚です。
そんな夫と娘の関わり方はこちらです。



この時の、娘の言葉を思い出す度に泣ける。



婿さんはこんな人です。



▽私の動画<配信中
YouTubeチャンネル 介護 gurume

▽私のお気入りはこちらです。
IMG_6250

ブログの更新通知が受け取れます♬

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む

今日10月19日は「イクメンの日」です。父さん(10)と育児(19)の語呂合わせで、2011年イクメン・オブザ・イヤー実行イン会が制定しました。同会は、「子育てを楽しみ、自分自身も成長する男のこと」と定義しています。昔は、「イクメン」という言葉はなかった ...
今日10月19日は「イクメンの日」です。

父さん(10)と育児(19)の語呂合わせで、2011年イクメン・オブザ・イヤー実行イン会が制定しました。
同会は、「子育てを楽しみ、自分自身も成長する男のこと」と定義しています。

d843b07e2354ff3a17f8bb1b681010bf_s

昔は、「イクメン」という言葉はなかったですよね。
もちろん、子育てに積極的で、家事もやってくれる男性はいましたが、今ほどは・・・。

男は仕事、女性は家庭を守るというスタイルがまだ多かったです。

実際、我が家では子育ては母親の私が主に担っていました。
もちろん、家事全般も私。
仕事もフルタイムで働いて・・・。

1c0caf7a7d2056559f0e123a4470a870_s

何だか自分で書いていて、私頑張ったじゃんと思ったわ(笑)

積極的に育児に参加してくれるなんて、それだけで羨ましいわ~。
と思っていたら、「ちょうどいい時ブログ」のあきさんがこんな記事を書いていました。
この記事の「ママ閉店」について。

少し前にTwitterで、「ママ閉店」というフレーズが話題になりました。
幼いお子さんがいる父親のつぶやきです。
疲れた時は、ママとしての時間を休憩して、自分の時間を楽しむのは良い。
時にはそんな時間も必要だと、その父親は言っているのですよね。

私も、同感です。
また明日になれば子育てと家事に追われる毎日なのだから、半日でも、いや2時間でも休憩が欲しいと思うのは当然だと思いますね。

それなのに、このつぶやきが「育児放棄だ」とか「ネグレクト」だとか否定的意見があったのにびっくりでした。
何だか寂しい気持ちになりますね。

この「ママ閉店」ですが、あきさんも仰っています。
必要な家事を終えたら、家事育児はおしまい。
あとは割り切って自分時間を満喫。
母親業もお休みして少し休憩させてもらおう!
休日の夫がいる夜ぐらい「ママ閉店」してもいいじゃないか。
あきさんのお宅は共働きで、あきさんもフルタイムで働いています。

家事はもちろんのこと、子供の保育園のお迎えや習い事。
体調が悪い時の通院もあきさんの役目。
たまには、ゆっくりひとり時間を満喫したくなりますよね。

54170403c5c9cb5ad1466d037c61517b_s

あきさんの「ママ閉店」の結果は・・・。
ちょっぴり切なくなりました。(記事を読んでね)
「ママ閉店」 家事をやってくれなくていい、 外食に連れて行ってくれなくていい、 労いで何か買ってくれなくていい、 お願いだから、まとまった時間子供とお出かけしてきて!が本音です。
普段、ママに任せっきりで育児に参加していないお父さん。
仕事で疲れているとは思いますが、今日はママ閉店させてみてはどうですか?

きっと夫婦の関係も、お子さんとの関係も良くなると思います。

おまけ

初めての子育てって、ママもパパも新米です。
子育ては親育ても言いますよね。
試行錯誤しながら、親となっていくのだと思います。

育児の専門家である保母さんだって、自分の子育てに悩むこともあります。
子育てに正解はないから、子供と一緒に成長していくしかないのですよね。

27年前の子育て中の写真です。
私も若い(笑)

IMG_0883

それが、もうお嫁に行ってしまったなんて・・・。
入籍報告の写メ。

IMG_0889

しかし、そんな子育ても気が付けばあっという間に終わってしまいます。
パパもママも子育てを、十分に楽しませてもらいましょう♬
それでは~

こちらの記事も読んで頂ければ嬉しいです。
毎朝、更新しています♬

このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
5700名以上が登録中♡

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む

子育てが終わったらやりたい事お友達からこんなLINEメッセージが届きました。子育てが終わって、夫婦二人暮らしの友人。空いた時間で、ブログをやってみたいとの事でした。 ...

子育てが終わったらやりたい事


お友達からこんなLINEメッセージが届きました。

IMG_0044

子育てが終わって、夫婦二人暮らしの友人。
空いた時間で、ブログをやってみたいとの事でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む

子育て中は、本当に色々ありました。 良い時ばかりではありません。 辛く、悲しい時もありました。 自分自身も母親として未熟でしたね。 ...

子育ての事

先月末に、仲の良いお友達に孫が産まれました。
退院して実家に帰ってきていたので、抱っこさせてもらいました。

IMG_5913

こんなに小さかったのか!
柔らかくて、透き通るような肌。

BlogPaint

お友達の娘は小さい時から知っているので(娘と同級生)お母さんになったことに感動でウルウルです。
超安産で、母子ともに健康。
何よりです。

強欲な母でした

我が子が産まれた時のことを思い出しました。
子育て中は、本当に色々ありました。
良い時ばかりではありません。
辛く、悲しい時もありました。
自分自身も母親として未熟でしたね。

出産前は、
「健康に生まれてくれればそれで良い」
と思っていましたが、成長するにつれて欲がでてきました。

運動会で2位を取れば、次は1位になって欲しい。
勉強で80点を取れば、次は90点取って欲しい。

いつの間にか、強欲になっていました。
自分でそのようにしておいて、上手くいかなとがっかりしたり、娘にプレッシャーをかけたり。
そのたびに、娘とぶつかったりしていました。

七五三の時の娘

538dfd4b

本当にダメな母親でした。
 

子育てで気を付けた事

そんな私が唯一、心がけていた事。
上手くいくイメージを娘に与えること

例えば、ジュースをコップに入れてテーブルまで運ぼうとする小さい娘に声を掛ける場合。

23abd4aad7418388ecac05f9d01a1120_s

「こぼさないでね!」
とは言わない。

「上手に運んでね!」
と言うようにしていました。

「こぼさないでね!」と言うと、こぼした自分がイメージされてそれを意識するあまりにこぼしてしまう。

しかし「上手に運んでね!」と言うと、上手く運べた自分がイメージされてこぼさず上手く運べる。

こんな感じですね。

まとめ

子育ては親育てとはよく言いますよね。
まさにその通りだと思いました。
親の願いは、子供がいつも笑顔でいられること。
きっと子供の親に対する思いも同じですよね。

娘の笑顔が見たいから、私も頑張ろうと思います。

関連記事

来月出版の書籍:心地よく暮らす 大人のラク家事 自分8割、主婦2割の表紙が届きました!

IMG_5917

元気が出るようなビタミンカラーの表紙。
写真はほぼ全てプロの方に新しく撮っていただいたものです。

素敵なインテリア雑誌のようにはいきませんが、私が今までやってきたことを全て書き尽くしました。写真の解説も多いのでわかりやすいと思います。

関連記事


片づけができない方は
こちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

平屋の建築から完成までがこちらで確認できます♬

2018年6月完成
平屋の家 目次


セミナー情報やその他お問い合わせはホームページへ

ホームページ
「大人の暮らしの整え方」


インスタもやっています♬
Instagram
毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
7300名以上が登録中♡


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む

シンプルな暮らしを心がけています。そんな日々の生活を綴っています。このブログの更新通知をLINEで受け取れます。たくさんの読者登録をありがとうございます。今日は片付けや断捨離ネタではありません。宜しければお付き合いくださいませ。 ...
シンプルな暮らしを心がけています。
そんな日々の生活を綴っています。

このブログの更新通知をLINEで受け取れます。



たくさんの読者登録をありがとうございます。

今日は片付けや断捨離ネタではありません。
宜しければお付き合いくださいませ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
続きを読む
×