今日は、20年以上前を思い出して、子育てのことを書きたいと思います。

娘 入園前

確か、サマーランドだったと思います。 カメラじゃない方を向いて笑顔です。 

もちろん当時はデジカメなどはなかったので、プリントした写真をスマホで撮りました。

1歳の娘

写真が、時代を物語っていますね~ 。古臭い感じがします。

こちらはサンリオピューロランドです。 やっぱりカメラの方を向いていない(笑) これは2歳

 

  


2,700gと小さく産まれた娘です。
小さい時は、本当に手が掛からない子供でした。
しかし、ちょっと他の子と違う点がありました。

協調性がないと指摘される

幼稚園に入園して直ぐに、担任の先生に言われたこと。

「○○ちゃんは、うちの幼稚園は合わなかったかも」

理由は、他の子と合わせることができないから。
協調性がないって事です。 

でも本人は、嫌がることなく(むしろ喜んで)幼稚園に通ってました。
友達もたくさんいましたしね。

協調性がないことは、年長になっても指摘されました。

「このままでは、○○ちゃんは小学校に入ったら困りますよ」と・・・。

これをずっと言われ続けたのです。
親としては、結構キツイですよね。

例えば、 園庭でお遊戯の練習をするので、靴を履いて外に出るように促しても娘は、

「お遊戯の練習なら、粘土(工作)をやりたいから行かない」

一人残す訳にもいかないので、更に外に出るように促すと、 

「先生は外に行ってもいいから」
「外で、自由に遊べるなら行く」
などなど・・・。

一事が万事こうなので、先生にとっては困ったちゃんだったのです。 

私は、しっかりと自己主張ができる娘だ位に思っていましたが。

卒園式で、子供一人一人にコメントをもらう場面がありました。

「足の速い○○君」
「字の上手な○○ちゃん」
「歌の上手な○○ちゃん」

我が子には何と言われるのかドキドキワクワクしていました。
そして言われたコメントは、

「とっても不思議な○○ちゃん」

そうか、やっぱり先生にとっては、最後まで不思議な子と思われていたんだな。

小学校に入って3年生くらいになると、皆に合わせないとダメなんだと思う気持ちが出てきたようで、大きなトラブルもありませんでした。

最近になって、その当時のことを娘に聞くと、良く覚えていました。

自分では、周りを振り回しているつもりもなかったし、悪いことをしているつもりはなかった。
でも、怒られてしまうので、「このままではまずい」と自分なりに反省したんだ。

どうしたら普通になれるのか?って変わる努力をした。
そして、自分の考えが足りない部分があると思い、一生懸命に周りの事や、相手の気持ちを考えるように努力したんだよ。

友達との関りでの中で、壁にぶち当たり、自然と学んでいったのですね。
親が、先回りしてコントロールせずに、自分で解決させる事が大事だと思いました。

そんな娘ですが、思いやりのある控えめな面もありました。 

保護者参観に行った時に、お菓子の詰め合わせのプレゼントをくれる場面がありました。

娘は、プレゼントをもらう列に並んだのですが、後から来た子にどんどん抜かされて、最終的に一番最後になってしまいました。
それでも何も言わない娘。

私は、
「どうして抜かされて何も言わないの?順番抜かしだよね」
と言いました。

娘は、
「お母さん、プレゼントは全員にあるから最後でももらえるんだよ。最後でも同じだよ」
その時に、この子はこういう子なんだなと思いました。

子供と思っていても、親が思うほど幼くなかったなと思いました。 


小さい時は、とても心配しましたが今となってみると、大したことじゃなかったと思います。

毎日、好きな絵を書いたり、工作をしていた娘。
小学生の時に書いた絵。

6f9e6773-s
高校生の時には、自力でキャビネットを製作しました。

159f8113

関連記事

今の娘

小さいころからモノを作ったり、絵を書いたりすることが好きだった娘。
現在、好きなことに向かって全力投球中です。 


美術学校に入学してからは、「人と違ってそれで良い」という空気が当たり前の世界。
その中で、自分はこのままで良いのだと、ホッとしたそうです。


京都で着物を借りて散歩中。 
後姿の写真なら掲載OKもらいましたので。

子育てって、親育てと言いますよね。
私は、自信を持って良い親だとは言えません。


時には、イライラして子供に当たった時もありました。
思うようにいかずに、子供の前で泣いたこともあります。
(人生色々ありました)

そんな娘に、当時を思い返して詫びた時があります。
社会人になった娘から返ってきた言葉は、
お母さんは世界一のお母さんだよ
というメッセージ。
涙出ました。

子育て中は、苦しい事もたくさんあります。
それ以上に子供からもらった楽しい事もたくさん。

今、子育てで悩んでいる方がいれば、私から一言お伝えしたいです。
「完璧なお母さんにならなくても良い。笑顔があるだけで子供もあなたも救われる」

いつかは、子供の小さな可愛い手が、あなたから去る日がきます。
肩の力を抜いて、今を十分楽しんでほしい。

その娘がプロポーズされました!⇒☆記事を見る


最近の娘の生活はこちらです♫

abd6cc8e-s

片づけができない方はこちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

インスタやっています!
Instagram

ブログランキングに登録しています♬
チワワ&ミニチュアダックス!愛犬を2個クリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
4600名以上が登録中♡
コメントはインスタかTwitterにお願いします。