Rinのシンプルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手術は無事に終わりました!

 ミニマリストにはなれないけれど、モノを極力増やさないシンプルな暮らしを心がけています。

お片付け・断捨離・インテリア等を中心に日々の生活を綴っています。

 

昨日記事にしましたが・・・・

姉の手術は無事にトラブルもなく終了しました。

優しいコメントありがとうございます!

 

今は色々なチューブやモニターがつながれていますが、回復を待つだけです。

 

          

 

最初の癌の手術の時、麻酔から覚めた時の最初の一言が・・・

「〇〇(Rin)お腹空いた~」でした(笑)

笑いながら泣けました。

本当に良かったと安堵しました。

 

食べることは生命の源です。

食べる意欲があるってのは本当に大事ですよね。

 

今回の入院部屋(個室)は一日8,000円の差額ベット代がかかるそうです。

綺麗なトイレとシャワールーム、そして付き添いの人の簡易ベッドもついていて快適です。

 

        

 

手術日は個室だとしても、その後は4人部屋へ移ろうかと考えていた姉が旦那さんに相談したそうです。

そうしたら姉の旦那さんが言ったそうです。

「個室に入って、治療に専念してほしい」

嬉しいですね~

 

結果、入院期間中は個室で過ごすことになったそうです。

私も、付き添いに行きやすくて良かった~

私の夫は言ってくれるかな~(笑)

 

にほんブログ村テーマ お金に関する思考学習へ お金に関する思考学習

 

癌家系

 

我が家は癌家系です。

祖母、叔父、叔母、姉と癌経験者が多いです。

私も持病があり、三か月に一度腫瘍マーカーの検査はしています。

 

姉も癌になる前から、毎年検診は欠かしたことがありませんでした。

しかし癌が発見された時には、すでに初期の癌ではありませんでした。

 

やはり若い時の癌は進行が早いのでしょうね。

しかし運が良いことに、できた場所が良かったこと、転移がなかったことで治療もスムーズでした。

やはり早期に発見できることが重要だと思います。

 

わかっていてもなかなか忙しいことを理由に、検診に行かれない人も多いと思いますので、ちょっと検診について取り上げてみたいと思います。

 

癌検診のメリット・デメリット

検診にはメリットとデメリットがあります。

それらを踏まえて適切に検診を受けられると良いと思います。

検診のメリット・デメリット | 日本対がん協会

 

メリット

  • 最大のメリットは、早期発見、早期治療による救命です
  • 早期の癌を発見できる
  • 癌以外の病気も見つけられる
  • 異常なしの結果を受け、安心して過ごせる

 

デメリット

  • 判定、診断の結果が100%正しいというわけではない
  • 検査によって体に負担がかかることもある

 

2014年では11、592、385人の人が癌検診を受けて、13、688人の癌が発見されているそうです。

 100%正しい結果が出るとはわかりませんが、やっぱり検査は必要だと思いますね。

 

癌を防ぐための新12か条

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」です。

 

1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから

 

元気で長生き!

私も気を付けたいです。

ちなみには・・・・まずいです(笑)

 

それでは~

 

女性特有の病気、健康情報はこちらが参考になります

にほんブログ村テーマ 女性特有の病気へ 女性特有の病気

にほんブログ村テーマ 生活に役立つ健康情報へ 生活に役立つ健康情報