読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルンバをやめて、マキタの掃除機にしました!

買い物

ミニマリストにはなれないけれど、モノを極力増やさないシンプルな暮らしを心がけています。

お片付け・断捨離・インテリア等を中心に日々の生活を綴っています。

 

今日は、我が家の掃除機のことについて。

現在のマンションに越してきてから購入したのが、こちらのルンバ500シリーズです。

こちらより画像お借りましたした

 

     f:id:simple-kurashi:20161017111353j:plain

 

2007年に発売された米iRobotの「ルンバ 500シリーズ」です。

発売と同時に購入して、確か8万円近かったような気がします。

(購入履歴が残っていないので、はっきりとした金額は覚えていないです)

今は、もっと安いルンバも出ていますね。

 

人工知能で、部屋をくまなく掃除してくれるなんて~~

職業婦人(言葉が古くてすみません)には嬉しいアイテムじゃない?(笑)

当時は、これがあれば家事の時短が図れると飛びつきました。

 

実際に留守の間に部屋を掃除してくれて楽でしたね~

 

しかし問題は維持費・・・・

もちろんコードレスなのでバッテリー交換が必要になります。

        

       f:id:simple-kurashi:20161017193424p:plain

部屋の広さや、使う頻度によっても違うとは思いますが、我が家では1年に1回交換していました。

純正品だと確か1万円位でした。

(純正品でないバッテリーは、半値位で売っています)

 

これが結構な負担です(笑) ⇐ 良く考えて買えよ~と思いますよね。

当時は、ランニングコストはあまり考えていませんでした。

結果、何度かバッテーリーを交換してり、メンテナンスに出したりしたのですが、故障したのを機に手放しました。

 

追記:最新のルンバはバッテリー交換の寿命は6年位のようです。(メーカーHPより)私のはやっぱり1年だった(-_-;)

6年ならルンバも良いかも(笑)

教えてくれたid:kknsdさん、ありがとうございます!

 

その後は、新しい掃除機を買わずに、サブで使っていたマキタの掃除機をメインで使っています。

このマキタの掃除機は、かなり使いやすかったです。

 

 マキタの掃除機

 我が家で使っているマキタの掃除機

コードレスなので、手軽に掃除ができるのがポイントですね。

      

 

バッテリーを入れる部分の脇に、フックに掛けられる金具がついているので、普段は納戸に吊り下げて置いています。

 

      

私は、サブの掃除機として購入したのでリチウム電池を使った安価な10.8Vの製品です。       

マキタの掃除機は種類も多く、どれを購入したら良いのか迷ってしまいますよね。

ちょっとまとめてみました。

 

 f:id:simple-kurashi:20161017195221p:plain

電池のタイプ

リチウムイオン電池とニカド内蔵電池があります。

 

リチウムイオン電池

取り外し充電タイプと内蔵タイプがある。

継ぎ足し充電が可能。

劣化に強い。

ニカド内蔵電池

価格が安い。

パワフルだが自己放電による容量低下がある。

継ぎ足し充電ができない。(本来の充電容量が減少してしまう)

 有害な物質であるカドミウムを含んでいる。

 

ニカド内蔵電池は、まず除外。

リチウムイオン電池の内蔵型か、取り外し型かで悩むところですが、私はコストが安く充電時間の短い、取り外しタイプを選びました。

 

        

 

ただ取り外しタイプは、このような充電器を置く場所が必要になります。

私はリチウムイオン電池をお勧めします。

ゴミの集塵タイプ

紙パック式

吸い込んだゴミをそのままパックごと捨てらる。

紙パックのコストがかかる。(1枚50円前後)

 

      f:id:simple-kurashi:20161017200915p:plain

紙パックのコストが気になる場合は、繰り返し使えるダストバックもあります。

 

カプセル式

 フィルター等の掃除の手間がかかる。

紙パックのコストはかからない。

  

       f:id:simple-kurashi:20161017200942p:plain     

 私はお手入れの楽な紙パック式をお勧めします。

スイッチの仕様

 

ワンタッチ式

連続使用ができる。

2タイプ(HIGH・LOW)の強さを選べる。

       f:id:simple-kurashi:20161017201154p:plain

トリガ式

使いたい時だけスイッチを入れる。

使っているときだけ電気を使うのでバッテリーの持ちが良い。

       f:id:simple-kurashi:20161017201013p:plain

バッテリーの消費を抑えられるトリガ式のタイプの方が経済的かと思いますが、指が疲れそうなので(笑)

私はワンタッチスイッチをお勧めします。

バッテリーのサイズ

10.8V 14.4V 18Vとあります。

 

我が家では、ルンバのサブとしての使用だったので、10.8Vのバッテリーを選びましたが、絨毯やカーペットをお使いの場合は18Vが良いかと思います。

 

バッテリーのサイズによって価格ももちろん変わってきますので、使用用途によって決めたら良いと思います。

 

「ゆとりあるシンプルな暮らし」のユキコさんは18Vを購入されたようです(#^^#)

マキタコードレス掃除機を購入&ペットの毛などのレポ。 - ゆとりあるシンプルな暮らし

 

お勧めなマキタの掃除機

 

フローリングだけならCL102DWタイプでもOKだと思います。

現在、私はこのタイプです。

2013年に購入して、まだ一度もバッテリー交換はしていません。

(使用頻度は、週に3~4回平均10分程度だと思います)

ちなみにバッテリーは純正で4,000円程度のようです。

 

マキタ 充電式クリーナ 10.8V CL102DW

マキタ 充電式クリーナ 10.8V CL102DW

 

 

絨毯やカーペットなどでも使いたい場合は、CL182FDRFWがお勧めですね。次はこれを狙ってます。(笑)

こちらのバッテリーは純正で1万円前後のようです。     

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

 

 やっぱり電動工具のマキタだね~

お洒落じゃないけど、シンプルで使いやすいです。

 

使い方、好みによって選んでいただければ良いと思います。

今回は、あくまでも私流のマキタ掃除機の選び方でした!

それでは~

 

素敵な雑貨の新着記事が参考になります。

ブログ村テーマ

家事が楽しくなるモノ・工夫
キッチン雑貨

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

ニトリで買って良かったもの

ニトリ大好き♪♪