定期的な見直しが必要な訳


シンプルライフ実践中のRinです♬
片付けは一度やれば終わりという事ではありません。

定期的な見直しが必要です。
今回は、私の愛用品「工具箱」を見直しました。

無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックスと百均の小物入れに入れています。

工具の断捨離


全部出しをする


過去記事にも物の整理には全部出しが有効だと書きました。



全部出してチェックするメリットはこちらです。


  • 持ち物の量が把握できる
  • 重複して持っている物を発見できる


私が持っている工具類も全部出してチェックです。

工具の断捨離

少し量を減らすことにしました。
また、確認すると画鋲の先が曲がっている物も入っていました。

壊れている物

こちらは会社の営繕係へ持っていきます。

譲る品物

ネジ類は、洗面所で使わなくなったアクセサリー入れに収納しました。

無印良品のケースに入れる

この程度あれば十分かな?

コンパクトに収納しました

大きなケース自体もかなり汚れていました。

片付け

綺麗に拭き上げて必要な物を入れます。

入れ物を掃除する

使う物だけ収納です。
物が減って見やすく(取れやすく)なりました。

必要な分だけ収納

最終的に工具箱はこうなりました。

整理した工具

小さなネジはキャリーボックスに入っています。

隙間に入れた小物

小さなドライヤーと結束バンドはトイレットペーパーの芯に入れています。
(半分に折っています)

トイレットペーパーの芯

柄の長い物は、もう一つのキャリーボックスに入れています。

長い工具は別のケースへ

一番上の年季が入ったトンカチは娘が小学校の時に使っていた物です。
小さくて使いやすい!

そして、こちらの記事にも書いたステンレスポールを切断した工具もここに入れています。



工具を置いているのはキッチン脇の収納庫です。

収納場所

頻繁に使う物は蓋無しが便利です。

収納場所

一番使う物を手前にして、ケースを出さなくても取れるようにしています。

収納場所へ

少しスッキリしました!

まとめ


自分にとって必要な物、不要な物の整理が出来たら片付けの8割は終わったような物です。
残りの1割で取り出しやすく収納して、最後の1割は使ったら定位置に戻すだけ。

スッキリした暮らしをするためには、物を分けることが大切か分かりますよね。
定期的な見直しが必要な訳は、取り出しやすくしまいやすい仕組みを作るためでした!

さて、次はどこを見直そうかな~。






この工具を使った力作はこちら

我が家を動画で見る⇨Rinチャンネル
介護ブログ⇨親が認知症になった!
家族のブログ⇨そうだ、遊びに行こう
私のお気に入り⇨ROOM
information

片付けのやり方⇨ステップ1~4
断捨離のやり方⇨コツと効果
平屋の家⇨平屋作りのまとめ
再婚物語⇨ステップファミリー
シンプルライフお勧め記事

ブログの更新通知が受け取れます♬