更新通知が何度も飛んでしまい申し訳ありません💦



昨日は、こんな記事を書きました。



買ってきた物や、ケータリングや宅配荷物の消毒について書いたものです。

これを読んだお友達から、こんなコメントをもらいました。
不安に思われている方も、いらっしゃるかと思ったので、情報を共有したいと思います。

情報番組で、視聴者から同じような質問があったけれど、そこまで神経質にならなくても良いと専門家が回答していた。

どの情報を信じて良いのか💦
IMG_6023

ごめんなさい。
私は、一部のニュース以外は、殆どテレビを見る事がなくて・・・。
その情報番組は、見ていなかったです。

それなので、その情報番組の方が、どのような考えから言ったかは不明ですが、二通り考えてみました。

①感染者が接触した物に触れる可能性が低いから、そこまでしなくても良い。
②感染者が触れた程度だと、その物から感染しないから大丈夫。

どちらかでしょうかね。
可能性が低ければ、どちらも正解なのかもしれません。

私は、命にかかわる事と、自分の将来を左右するような大きな事を判断する時には、

何を信じるかより、誰を信じるか。

そう思って行動しています。
私は、科学の知識もないし、難しいことも分かりらないからです。

今回の感染に関する事は、厚生労働省のホームページ(リンク先を含む)や公的機関から情報収集しています。


そして、感染者が出た場合に、店や施設を休業にして消毒したり、私が行くCostcoではスタッフがカートを消毒してくれたりしている様子を見て、気を付けようと考えたわけです。

感染者が少ない地域と、多い地域では温度差もあると思います。

自分で選んだ情報と、実際に見たことを踏まえて自分なりに考えて行動したい。

我が家は、娘が妊婦で、父親は末期がん。
だからこそ、自分が感染することは、相手も危険に晒す事になってしまう。

大した出費もなく、出来る事はやろうと。
もちろん、間が抜けているので、完璧には出来ないかもしれませんが(笑)

参考までに、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のサリー・ブルームフィールド教授の、「安全なテイクアウトの方法」を、貼っておきます。

🔗BBCニュース(英国放送協会のニュース)

また、時間が経つにつれ、対応が変わることもあります。

米疾病管理予防センターは、当初マスクは症状が出ている人だけで良いと言っていましたが、4月3日に、体調が悪くない人にもマスク着用をするように変わりました。

🔗BBCニュース(英国放送協会のニュース)

日本人がマスクを使うのは、自分自身が風邪などに罹らないようにする以外にも、喉を守ったり、咳エチケットとして相手に風邪をうつさないためだったりします。

思いやりですよね。

状況が色々分かってくると、対応や必要とされることも変わるかもしれません。
そんな時でも、正しく怖がり、柔軟に対応していきたいなと思います。

そして、幼馴染の近所でも感染者が出たようで、自分の入院セットを用意したそうです。
発症してから重症化するスピードが早すぎて、自分が罹った場合に心配だからとの事でした。
流石です。

これ以上、感染者を増やしてはいけない!
私が出来る事は必要最低限の外出にとどめて、早期に終息してくれるように祈ることくらい・・・。

最前線で治療に当たられている医療従事者の皆様方のご尽力に心より感謝申し上げます。

おまけ


ちょっと息抜きです。
お友達が、笑わせようと送ってくれたTwitter画像。
いくらマスクが足りないからと言って、こりゃ無茶だよね(笑)

それ、眼帯ですから!!!

鼻まで覆ってくださいね(笑)
それでは!

※当ブログでは、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
コロナウイルスに関する不明な点は、各機関にお問い合わせください。

我が家の備蓄事情はこちらです。



我が家の消毒はこちらです。



面会ができないため、父親にも会っていません。



▽私の動画<配信中
YouTubeチャンネル 介護 gurume

▽私のお気入りはこちらです。
IMG_6250

ブログの更新通知が受け取れます♬