私の出産体験その④出産


さて、私の出産体験も最後になりました。

始めての方は①からどうぞ!

出産体験その①



出産体験その②



その③



今日は、出産前後の夫(前夫)のことです。

夫(前夫)はどうしていたか?


産声を聞こうと、分娩室の近くで待機していた夫(前夫)

朝になり、「産まれるのは何時頃になりますか?」と、看護師さんに聞くと、「初産なので、まだまだ産まれませんよ」と言われたそうです。

それならと、毎日見ていた「朝のNHK連続テレビ小説」を見るために、テレビのある待合室へ移動しました。

待合室

そして、連続テレビ小説が終わる前に、ポケベルが鳴り産まれた事を知ったそうです。
(当時は、携帯電話を持っていませんでした。)

もう15分待っていればと悔しがっていましたね(笑)

分娩台に上がって、20分足らずで産まれちゃいましたからね~。

出産直後の私


無事に娘を出産して、ホッと一息です。
出産

出産直後は、2時間程度は動くことができません。
そう、出産後の処置が終わっても寝たままの状態です。

しかし、時間になれば朝食は出るんですよね。

枕元に持って来た朝食のプレート。
忘れもしない、煮豆・豆腐・納豆と豆づくしでした。

「食べられないと思いますが、一応置いておきますね」

そう言って、分娩室を出て行った看護師さんを見届けて、一気に完食しました。
だって、出産ってお腹すきますよね~。

起き上がれないので、必死で顔を横に向けて食べましたよ。

戻って来た看護師さんがびっくりしていました(笑)

心配だった娘の心臓も問題なく、無事に一週間後に退院しました。

退院時に支払った費用は約130,000円でした。
当時は、250,000円の出産一時金が出たので、おつりがきました!

その当時としても格安な出産費用でした。


一か月検診で言われた一言


退院してからの娘は、よく寝る赤ちゃんでした。
そのお陰で、私は睡眠不足になったことがありませんでした。

2,700gと小さく産まれた娘。

お風呂

泣き声も小さく、母乳もたくさんは飲んでくれませんでした。

隣の部屋で寝ていると、泣いても声が聞こえないくらいでしたからね。

しかし、一か月後の検診では全て順調!

看護師さんからは「安産の〇〇(Rin)さん!」と呼ばれていました(笑)
病院内でも、「初産で、あのお産は凄い」と評判だったようです。

出産が軽かったせいもあり、持病も悪化することはありませんでしたが、「次の出産までは少し期間を開けるように」と、医師には言われました。

その後、娘が夜泣きをしたのは2回だけ。

温泉旅行に行った時と、夏祭りで太鼓の音を聞いた夜です。
きっと、興奮してしまったのかもしれません。

手のかからない子供で、子育てが楽ちんだと思いました。
しかし、1歳を過ぎた頃から、動きが激しく、しっぺ返しを食らったようでした(笑)

それでも、大きな病気をすることもなく、元気に過ごしてこられたのは感謝ですね。

長くなりましたので、また機会がありましたら子育て等について書きたいと思います。

出産記事は、子育て終了したユキコさんへバトンします!!



ユキコさん宜しくね~。


おまけ


今日は、防災士でもあるブロガーのTOMOIKUさんから、お電話頂きました。


都内に住む娘の事を心配して、物資でお困りのことがあれば、送るので遠慮なく連絡してと・・・・。

ありがたいことです。

そして、TOMOIKUさんに勧められて、乾燥野菜を少し買い足しました。
災害時時には、野菜不足になりがちなのであった方が良いとの事でね。
小松菜やほうれん草、人参等を!
娘にも早速、教えてあげました。

ラーメンや味噌汁にそのまま入れても良いですね。

今の夫は再婚です。
そんな夫と娘の関わり方はこちらです。



この時の、娘の言葉を思い出す度に泣ける。



婿さんはこんな人です。



▽私の動画<配信中
YouTubeチャンネル 介護 gurume

▽私のお気入りはこちらです。
IMG_6250

ブログの更新通知が受け取れます♬