実は、タイトル通り・・・。

「妊娠しました!」

え、私?の訳ないよね~ ←誰も思っていない?

一昨年、結婚しました娘に子供が授かりました。

結婚式

仕事の関係で、去年の夏に新婚旅行に行きました。
その後、妊娠が分かりました。

悪阻も治まってきて、安定期に入ったのでご報告させて頂きました。

娘が産まれてから、もう30年も経ったのか・・・。

赤ちゃん

流れが早くて💦
きっと、これからも孫の行事に参加したり、成長を見守ったりしているうちに曾孫が・・・。
何てことになりそうですね。
娘が子供の頃に、離婚・再婚しました。



かけなくてもよい苦労を掛けてしまったと思っています。

結婚式での、娘からの手紙には救われました。
夫もね。

BlogPaint

子供の前では、尊敬される親でありたいと思いました。
しかし、結果はどうか?

親だからと言って、何でも上手く行くわけはない。

失敗もします。
後悔もします。

子育ては、親育てとはよく言ったものですね。

そんな私が、妊娠報告してきた娘に伝えた事です。

《娘に伝えた事》

心配し過ぎるのはいけません。

「ちょうど良い時、ちょうど良い場所で産まれる」

妊娠は病気ではありませんので、大事にし過ぎず、不安になり過ぎず、今までのように過ごす事が大切だと伝えました。

もちろん、体調が悪い時は休むことも必要ですがね。

今まで以上に気を引き締めて、母となる喜びを噛みしめて欲しいと思います。

彼からプロポーズされ。



手作り結納。



そして、結婚式までがあっという間でした。



オリンピック前には、孫が誕生します。

もしかしたら、時々は孫の写真もお見せしちゃうかもしれません。
親ばか婆ばかですね。

娘の妊娠をきっかけに、私の出産の事を思い出しました。
長くなりますので、また改めて書きたいと思います。

娘の妊娠報告でした!
それでは〜

私がプロポーズされて時、中学生だった娘の反応は?


結婚式は、念願のハツコエンドウのドレスでした。



招待状も娘の手作りでした。



🌎夫のグルメブログ

🌎親の介護ブログ

🌎平屋の目次

🌎私のお気に入りグッズ

🌎私のYouTubeチャンネル

⇧ 配信中♬
チャンネル登録お願いします

ブログの更新通知が受け取れます♬