【お知らせ】
仙台での片付けセミナー!
午後の部の追加セミナーが決定しました⇒申し込みはこちら
残1席です


夫45歳、妻(Rin)51歳、娘(実子)28歳の子連れ再婚物語です。
14年程前を思い出して書いています。

写真

再婚物語を最初から読みたい方は、こちらからどうぞ!

アラフォー再婚物語「夫のこと」


連れ後である娘の事を常に一番に考えてくれている彼(現夫)はどんな人だったか。

夫は大学生の時に、父親を病気で亡くしています。

父親は、長い間病気を患っていたようで、小学校入学頃から自宅と病院を行ったり来たりだったようです。

その為、一家を支えていたのは、お母さん(現姑)です。   

姑

夫は、お母さん(現姑)の負担を少しでも軽くする為に、新聞奨学生になり、新聞配達をしながら勉強していたようです。
【新聞奨学生とは】
学費の一部もしくは全額を新聞社が肩代わりする代わりに、在学中新聞配達業務を行う
父親の治療費に、住宅ローンと母親(現姑)はかなり経済的にも苦労したようです。

お金が無い時は、具がキャベツだけのどんどん焼きが食事だったようです。
(小麦粉を水で溶かして具を入れて焼きます)

どんどん焼き
出典:wikipedia

食事は質素でも、お腹いっぱいにさせたいという母親(現姑)の思いですね。

中学生位までの彼(現夫)は、友達と出掛けてもジュース代が無く、一人水を飲んでいたそうです。

水道水

昼夜働き尽くめの母親(現姑)に、お金が欲しいと言えなかったのでしょうね。

高校生になってからは、お小遣いはコンビニのアルバイトで稼ぐようになりました。
欲しいものが買えるようになって嬉しかったそうです。

時には、コンビニの賞味期限切れ直後のお弁当を持ち帰って、家族で食べた事もあったようです。

コンビニ弁当

今では、コンビニの規則も厳しくて、そんな事はできないようですが。

大病を患っていた父親は、とってもお茶目な楽しい人だったようで、貧乏でも笑いの絶えない家庭だったと聞きました。

兎に角、笑って過ごしたい。
それは今も変わりませんね。

大学卒業後は、医薬品系の会社に就職しました。

就職して、お金もある程度自由になり、新聞配達もやめました。
その結果、買い食いや外食が増えて今のような巨漢になりました(笑)

巨漢の夫

UNIQLOの360伸びるスウェットがお気に入り。
私自身も両親が蒸発し、苦労した経験があります。
色々な経験が、人に深みをもたらせると思っています。

夫の優しさがあるのも両親の影響は大きいですね。
再婚物語の続きはこちらです

おまけ


先週末に、夫と河津桜を見に行ってきました。

河津桜

一週間前に、河津桜祭りは終わっていましたが、十分楽しめました。

河津桜

川面に映る桜がとっても綺麗♡

河津桜

2人仲良く3キロ程ウォーキングしながらお花見♬

お花見

ちょっと運動不足解消になりました!
それでは~

私の子供の頃の話

続きはこちら

関連記事


片づけができない方は
こちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

平屋の建築から完成までがこちらで確認できます♬

2018年6月完成
平屋の家 目次


セミナー情報やその他お問い合わせはホームページへ

ホームページ
「大人の暮らしの整え方」


インスタもやっています♬
Instagram
毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
7400名以上が登録中♡