8年前の今日、東日本大震災が発生しました。

私は、本社での会議に参加していました。
開始後間もなく、あの大地震が起こり避難しました。

会社のパソコンは倒れ、重いコピー機が大きく動き、室内の壁にひびが入りました。

東日本大震災

震源地が近いと思ったら、三陸沖だと聞いて愕然としました。
千葉でこの揺れ(震度5強~6弱)だったら東北は・・・。

その後、続々と被害情報が入ってきました。
恐怖で体が震えました。

家族も、友達も無事でしたが、夫の知り合いは車が津波で流されました。
体が無事だった、それだけで十分だ。

一昨年の3月11日に、銀座にあるSONYビルの壁に岩手県大船渡市で観測された津波の高さ(16.7m)が表示されていました。
(赤のライン)

東日本大震災の津波

この高さに、驚きと恐ろしさで、通る人は皆立ちすくんでいました。

南三陸町の防災庁舎で、津波襲来直前まで町民に防災無線で避難を呼びかけた町職員の遠藤未希さん(当時24歳)を覚えている人は多いでしょう。

東日本大震災

その未希さんが直前まで更新していたブログのコメント欄には、その後もコメントが書き込まれています。
あの庁舎がもう少し高かったら、もう少し早く避難していたら・・・。
悔しいです。

その未希さんの声は「天使の声」として町民の心に深く刻まれているそうです。

私は、定期的に東日本大震災の復興イベントに参加しています。
今年は、復興支援の写経の一部を書かせて頂きました。

東日本大震災の復興祈願のイベント

子供から大人まで55名が参加しました。

写経

復興の願いを込めて一文字一文字書いた写経です。

隣のブースで展示されていた写真を見て・・・未だに涙が止まりません。

東日本大震災

東日本大震災

大それたことはできないけれど、常に関心を持ち、忘れずに伝えていくって大切な事だなと思います。

そして、備えも大切に。
不幸にも亡くなられてしまった方。
自分は無事だったが大切な家族や友達を失ってしまった方。
家が流されてしまって住むところを失ってしまった方。

今もなお、避難者は5万人以上です。
今日は、被災された方々の心や魂が癒されますように、祈りつつ過ごしたいと思います。

夜に2度目の更新をしますね。

関連記事


片づけができない方は
こちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

平屋の建築から完成までがこちらで確認できます♬

2018年6月完成
平屋の家 目次


セミナー情報やその他お問い合わせはホームページへ

ホームページ
「大人の暮らしの整え方」


インスタもやっています♬
Instagram
毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
7200名以上が登録中♡