5月29日の自宅セミナーは満席になりました。
千葉・新宿のカフェセミナーには、まだ余裕があります♬

セミナー情報やその他お問い合わせはホームページへ

ホームページ
「大人の暮らしの整え方」


今が快適な暮らし


先日、ある雑誌の取材がありました。
その時に、編集部の方から言われたのが、

「50代になってから戸建てとは珍しいですね。」
「普通は戸建てからマンションを考える人が多いのではないでしょうか?」

戸建て

確かに、そうかもしれませんね。
シニア世代なっていってから、戸建てに住み替えるのは珍しいかもしれません。

しかし、平均寿命が延びているので、これからは人生80年時代から人生100年時代になるかもしれません。

そう考えると、50代はまだまだ折り返し地点?(笑)
(元気で長生きできる保証はありませんけれどね。)

折り返し地点

そう考えたら、
「今が快適に暮らせる家」に住みたいと思ったのです。

マンションに住む前から、平屋に住みたいと思っていました。
しかし、今のようなシンプルな暮らしをしておらず、物を今の数倍も保有していました。

それに対応できる家となると、かなり大きな平屋になってしまうので、予算が・・。

片付けを学び、物を減らしていったので、小さな家でも快適に暮らせる自信が付きました。

更に、金銭的な後押しになったのが、マンションが購入時より高く売れそうだと分かったから。
老後破綻は怖いですからね。

建てた平屋は、50代の人が建てた割には介護仕様ではありません。

間取り

明日、何が起こるかわからない。
遠い将来を考えすぎて、今が窮屈で使い勝手の悪い暮らしは嫌だと思いました。

今が快適な方が良いと思ったのです。

手すりやスロープ等は、必要になったら付ければ良い。
(介護保険では、住宅改修等の費用が20万円まで補助あり)

体の障害によっては、必要な設備が違ってくる可能性もありますので、早くから対策し過ぎても無駄になってしまうこともあります。

健康上の理由で、日常生活が制限されることがない期間を健康寿命と言います。
女性は74歳、男性は72歳です。

なんだ、まだ20年以上もあるぞ!!

もしかしたら20年後は、車も手放して小さなマンションかケアハウスに入居しているかもしれません。

もちろん、夫婦そろっていられるとは限りません。

健康な夫婦

その時々に、ベストな選択が出来たら幸せだなと思います。

それまでの間は、今の暮らしを楽しみつつ、物を増やさずシンプルな暮らしをしていきたいと思います。

おまけ


今週末は、大阪セミナーです♬
新幹線のチケットとホテルのバウチャーも届きました。

新幹線のチケットとホテルのバウチャー

セミナーで使う、自宅内の動画を撮影したのですが・・・。
何度見ても、取り方が下手で見ていると船酔いした時のように気持ちが悪くなるんです(笑)

カメラの動きが早いのと、ブレているからでしょうね。
そこで、お友達に頼み撮り直しをしたら、だいぶ良くなりました♬

遠足前の小学生のように、既にワクワクが止まらないです。
それでは~

平屋の建築から完成までがこちらで確認できます♬

平屋の家 目次

私が住みたかったのは、こんな家です

続きはこちら

関連記事


片づけができない方は
こちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

インスタもやっています♬
Instagram
毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
7200名以上が登録中♡