5Lサイズのハンガーを自作


今日は、我が家の洋服ハンガーについて書きます♬

我が家では、洋服ダンスがありません。
カットソーもポロシャツも、洗濯後にハンガーに掛けて干して、そのまま乾いたらクローゼットへ収納しています。

クローゼット

洋服をたたむのが面倒だからです。

通常のメンズ用ハンガーの場合


夫は、ご存知の通りシャツ類は5Lサイズを着ています。
(身長182㎝、体重120㎏)

ニトリのメンズ用の大きいハンガーを使っていますが・・・。

服

肩の部分にハンガーの跡が付いてしまいます。

ハンガーにかかった服

長袖シャツの場合は、袖の重さもあるので余計にクッキリと跡がついてしまいます。

服

こんな感じです。

ハンガーにかかった服

竿に干して、畳んでしまえばこういう事にはなりませんが、綺麗に畳まないと今度は折り皺が付きます。

アーチハンガーの大きめサイズがない


私は、ニトリのアーチハンガーを使っています。
ニトリのアーチハンガー

アーチハンガーは肩の部分が出ないので、衣類の型崩れがしにくいハンガーです。

私のカットソーですが、肩の部分にハンガーの跡は付きません。

ニトリのアーチハンガー

夫の服を掛けてみると、このアーチハンガーでもやっぱり跡が付いてします。
通常体型の人なら問題ないのですがね💦

大きい人用のアーチハンガーを探したのですが、見つからない。
そこで自作することにしました♬

特大サイズのアーチハンガーを自作する


出向いたのは、ホームセンターのホースコーナーです。

ホームセンターのホース

ホームセンターに行くと、ワクワクしちゃいます。

購入したのは、透明のこちらのホースです。
取りあえず2本作ってみようと思い、1.5m購入しました。
 
ホース

太いホースだと切りにくいので、細めの柔らかいホースを使います。

これを、このようにハンガーに付けるのです。

ハンガーにホースを付ける

ホースを開くように片側を一直線に切ります。
私は、カッターを使いました。

ホースを切る

そして、真ん中にフックを通す穴をあけて、ハンガーに被せるように付けます。

アーチハンガーの作成

幅75cmの特大アーチハンガーの完成です♬

ハンガーにホースを

今までのハンガーが幅広になり、アーチハンガーのように下に下がっています。
この下がり方が、跡が付かないポイントです。

5Lサイズでも安心のアーチハンガー


実際に、服を下げてみました。

ハンガーにかかった服

お!!!!!
肩の部分にハンガーの跡が出ない。

ハンガーにかかった服

肩より随分下がった位置に、ホースの端がきていきます。

ハンガーにかかった服

問題の長袖Tシャツです。

ハンガーにかかった服

こちらも問題ない!

ハンガーにかかった服

良い感じです。

アーチハンガー完成

タオルなどをハンガーに巻いて大きくする方法もありますが、我が家の場合は濡れた服を干して、そのままクローゼットにしまうので、布だと乾きづらいのでダメです。

このようなアームが伸びるタイプのハンガーでも、せいぜい肩幅50cm前後です。

体が大きくて既製品のハンガーでは小さいという方は、ホースを購入することをお勧めします(笑)
100円程度の費用で2本作れましたよ~。

現在、特許出願中ですので、商用利用はお控えください。
嘘ぴょん(笑)

大きな体のパートナーやお子さんを持ちの方、是非やってみてください。
それでは~

クローゼットハンガーを自作しました♬

続きはこちら

関連記事


片づけができない方は
こちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

セミナー情報やその他お問い合わせはホームページへ

ホームページ
「大人の暮らしの整え方」


インスタもやっています♬
Instagram
毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
7100名以上が登録中♡