先日、浅草の宿六さんのおにぎりの作り方をテレビで観ました。
宿六さんは、世界で初めておにぎりがミシュランに掲載されたお店です。

早速、真似して作ってみました♬

宿六さんのおにぎりの作り方


まずは、ご飯を炊きます。
ご飯の銘柄は、お米の出来具合などを確認してから選び、1年間使用するとの事でした。

炊くのは、羽釜というお釜です。
しかし、我が家には羽釜がないので、いつもの通り十徳鍋で炊きました。

美味しいおにぎりの作り方

手のひらに乗るくらいのご飯を取ります。

美味しいおにぎりの作り方
 
そのご飯を一旦、まな板などに置きます。
(私は、ラップの上に置きました)

真ん中に具を乗せてから、粘土細工のように周りのご飯を上にかぶせます。

美味しいおにぎりの作り方

なるべくご飯粒が潰れないように、そ~とやります。
その後、そっと手を当てて、三角形にします。

美味しいおにぎりの作り方

それから握りますが、塩はこのくらい。

美味しいおにぎりの作り方

握り方は、

優しく3回だけ!!!

それ以上握ってはいけません。
因みに、私は形を気にして5回位握っていました。

それから海苔を巻きます。
宿六さんは、江戸前の海苔を使っているそうです。

なんと!!!我が家にも、寿司職人の婿さんからもらった江戸前の海苔がありました!

海苔


宿六さん風おにぎり完成


宿さん風おにぎりの完成です。

これから、我が家のおにぎりは、宿と命名します(笑)
因みに、具は明太子&梅干しです。

美味しいおにぎりの作り方

磯の香りがふわっとする海苔と、柔らかいご飯のおにぎり。

ご飯、具、海苔の一体感が半端ない。
これは、ご馳走だわ(笑)

最高に美味しかったです。

日本のおにぎりがミシュランに掲載されるって、なんだか嬉しいですね。
機会があればお店にも行ってみたいです。

ポイントは、握るのは

柔らかく3回だけ!!

是非、作ってみてください。
それでは~

おにぎりと言えば、我が家の人気NO.1はこれでした。

関連記事


片づけができない方はこちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
6800名以上が登録中♡