新しい加湿器を購入しました!


引っ越しと同時に、買い換えるために長年使っていた加湿器を手放しました。

先月、乾燥が気になってきたので新しい加湿器を購入しました。

加湿器

加湿器が届くまでは、濡れたバスタオルを干したりしていたのですが、直ぐに乾いてしまいます。

バスタオルで加湿

やっぱり加湿器がないと、お肌も喉も乾燥してしまいますよね~。


加湿器の種類


どんな加湿器が良いか調べていると、大きく分けて4種類あることが分かりました。
(電気代は価格.comサイトを参考にしました。)

これから加湿器を購入される方の参考になればと思います。

気化式
  • 水を含ませたフィルターに風を当てて、水分を気化させるタイプ
  • 熱くならないので、子供やペットのいる家庭も安心
  • フィルター交換が必要
  • 加湿能力は低め
  • 電気代は安い   0.1~0.5円/時

スチーム式
  • 水を沸騰させて水蒸気を発生させるタイプ
  • 加湿能力が高く、雑菌が繁殖しにくい
  • 熱くなるので、取り扱いには注意が必要
  • 結露が出やすい
  • 電気代がかかる 3.5~7.0円/時

超音波式
  • 超音波の振動で水を微粒子に変えて送り出すタイプ
  • 雑菌が繁殖しやすいので、こまめなお手入れが必須
  • 結露が出やすい
  • 本体価格は安い物が多い
  • 電気代が安い 0.7~1.1円/時

ハイブリット式

「スチーム式と気化式を合わせた加熱気化式」と「超音波とスチームを合わせた加熱超音波式」があります。

それぞれの弱点をカバーしたタイプです。

加熱気化式  加熱時 4.1~5.4円/時
加熱超音波式 加熱時 1.6円/時

購入した加湿器


スチームタイプの加湿器が良かったのですが、電気代がかなり高くなるようだったので、ハイブリットタイプの加湿器にしました。

Qurra(クルラ)のハイブリット加湿器です。
こちらは、超音波とスチームを合わせた加湿器です。

加湿器

前面のつまみで、加湿量を調整します。
中央のボタンを押すと、ヒーター式に切り替わります。

加湿器

裏側には、アロマを入れる部分が付いています。

加湿器

超音波のパターンで加湿してみました。
吹き出し口は二ヶ所あるので、左右に向けることもできます。

加湿器

スチームのパターンにすると、つまみは赤くなり吹き出し口が少し暖かくなります。

購入した理由

  • タンクの水量が見える
  • 6Lの水が入る(17時間連続運転可能)
  • 給水が便利(上から給水)

タンクの中が見えないタイプの方が、お洒落だと思います。

でも、水が無くなるタイミングが分からないと、布団に入ってから水が無くなった!!なんてことにもなりかねない。

夫婦でどちらが給水するかで揉めます。
(夫がいつも折れて入れてくれますがね)

上から給水できるのも、ポイントが高かったです。

おまけ


加湿器には、こんな効果があります。
  • 鼻や喉、肌の乾燥を防ぐ
  • インフルエンザ等のウィルスの活動を抑える
  • 静電気を抑える
  • 埃やハウスダストの飛散防止
湿度は50%を超えると結露がしやすくなるので、20~40%程度にするのが良いそうです。

そして大事な事ですが、必ず水道水を使ってくださいね。

適度な加湿でアンチエイジング♬
それでは~

関連記事


片づけができない方はこちらへ
モノが手放せない方はこちらへ
料理をする時間がない方はこちらへ
DIY・リメイクしたい方はこちらへ

毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
6800名以上が登録中♡