クローゼットの形には、いくつかの種類があります。
家を建てる時に、クローゼットをどうするか?
それぞれのメリットとデメリットを考え設計しました。

今日はその事について書きます。
どなたかの参考になれば嬉しいです。

クローゼットの種類


クローゼットは大きく分けて、壁面クローゼットとウォークインクローゼットがあります。

41f2f19a029a9330f577b6691f98aa54_s

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

以前の住まいにも、ウォークインクローゼットがありました。

81ba8e96e2c523970770ac4da8a112f0_s

さほど大きくなかったせいもありますが、ちょっと使いにくかったです。

ウォークインクローゼットのメリットとデメリットを上げてみます。

【メリット】
  • 洋服以外の大きな物も置ける
  • クローゼット内で、着替えが出来る
  • 衣類やアクセサリーなど1カ所にで管理できる
  • テイストが合わない収納家具が入れられる

【デメリット】
  • スペースの割に収納量減る(歩くスペースが必要)
  • 照明や換気が、必要になる場合もある
  • 奥にどんどんモノを入れて、出しにくくなる可能性がある

更に、ウォークインクローゼットの中には、ウォークスルータイプのものがあります。

出入口が二か所あるタイプです。

片付けが苦手な人は、回遊できるウォークスルークローゼットがお勧めだと思います。

行き止まりのウォークインクローゼットだと、奥にドンドンモノを詰めて、何が入っているか分からない可能性があります。

我が家のクローゼットは、このウォークスルータイプになります。

BlogPaint
寝室⇒クローゼット⇒洗面所⇒脱衣所までが一回りできます。

着替えたり、洗濯物をしまったりの動線がとても良いです。

IMG_9591 (1)

扉は付けない方も多いようですが、我が家はお客様も使う洗面所の脇なので引き戸を設置しました。
普段は開けっ放しですがね。

壁面クローゼットのメリット・デメリット



fe3d38e0944609c002eda94c5ce0b0cb_s

【メリット】
  • 収納スペースが多く取れる(歩くスペース不要な分)
  • 小さなスペースでも設置できる

【デメリット】
  • 扉のスペースがあるので、家具の配置がしにくい
  • 大きな物は入れにくい(大きなスペースを取れればこの限りではない)

和装をすることが多い方には、ウォークインクローゼット内の床を畳にすることもあるようです。
生活スタイルによって様々ですね。

どちらのクローゼットも一長一短ありますね。

どちらも言えることですが、スペースに多くの服を入れ過ぎて、着ようと思ったら皺が付いていた!!なんて事は避けたいですね。

0c3cf326025074959affec79a5b6d486_s

季節の変わり目です。
そろそろクローゼットも見直そうかなと思っています。
それでは~

クローゼットの引き算について⇒☆記事を読む

IMG_8672

毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
5500名以上が登録中♡