水垢を除去する


引っ越した時から、シンク回りに水垢が付いていました。
たぶん、水道のチェック(シンク設置工事時)をした後に、拭かなかったからだと思います。

BlogPaint

かなり頑固な水垢です。

クエン酸湿布


水垢にはクエン酸湿布!
そう思って、やってみました。

結果は・・・完全に綺麗になりませんでした。

重曹でこすってみる


次に、重曹と水でこすってみました。

BlogPaint

こちらも完璧には綺麗になりませんでした。

私も知らなかったのですが・・。
水垢には色々な種類があるそうです。
代表的な物はこちらの2種類。
(参考記事:リライバースさん)

  • 炭酸カルシウム
  • ケイ酸カルシウム
炭酸カルシウムはクエン酸で簡単に落とせるが、ケイ酸カルシウムは、フッ酸で落とすか、研磨して落とすしかないようです。
(プロ仕様の洗剤はあるようです)

クレンザーを使ってみる

そこで昔からある、こちらの商品「クリームクレンザー」を使ってみることにしました。

ドラックストアで購入したクリームクレンザーの「ジフ」。

ナチュラル洗剤では、限界を感じて買ってきました。

BlogPaint

有名どころでは、クリームクレンザーといえば、カネヨンやジフがあります。
どちらも昔からありますよね。
  • 研磨剤50%のカネヨン
  • 研磨剤20%のジフ
BlogPaint

あまり傷を付けたくなかったので、今回は研磨剤20%のジフにしてみました。

ラップを丸めてこすってみると・・・。

BlogPaint

綺麗になりました!!!!
昔から長く使われているモノには、安くて良いモノがありますね。
(ジフは160円程でした)

BlogPaint

ステンレストップのキッチンにしたので、水垢は覚悟の上でしたが・・・・。

シンクのガラスコーティング


常に綺麗にしておくのはなかなか難しいので、ラク家事のために、以前の住まいでも使ったガラスコーティングをすることにしました。

まずは、キッチンを綺麗に洗います。
(汚れが取れてないと、仕上がりが悪くなります)

古く汚れが酷い場合は、コンパウンド等で綺麗にしなくてはいけないかもしれません。

BlogPaint

洗った後。
まだ新築なので綺麗です。

BlogPaint

何度か使っている、シックス・エフです。

BlogPaint

洗ったシンクを乾燥させて、均一に塗ります。
その後、12時間程度乾燥させます。
今回は、旅行に行く朝に塗布しました⇒☆記事を読む


BlogPaint

蛇口回りにも塗布。

BlogPaint

完全に乾燥させてから使用します。

BlogPaint

水の弾け具合が良いです。

BlogPaint

ビフォーアフター
上の写真(ビフォー)と比べると、下の写真(アフター)に、シンク脇のカウンター部分が写りこんでいるのが分かると思います。

F845C8A6-C48B-48C4-8776-66FFA78FC529

綺麗になりました!
因みに、こちらの動画もご覧ください。
汚れ落ちも良いです。
(奥にある、スイカの種はスルーでお願い致します。)


このシックス・エフは色々な場所で使えます。
  • シンク
  • ユニットバス
  • フローリング
  • クッションフロア
  • 便器
ステンレス専用、樹脂素材専用などもありますが、このシックス・エフは一本で使いまわしできます。

因みに、今回はシンク内だけでなくワークトップ全体にも塗りましたので、半分使いました。

過去のガラスコーティング記事はこちらです。

🔗トイレにガラスコーティング⇒☆記事を読む

🔗浴室&洗面台のガラスコーティング⇒☆記事を読む



使い方によっては3年程度もつそうです。
ごしごし擦らなければ長持ちするのでしょうが、ついつい擦ってしまうので、1年もてば満足です。

コーティングを削ってしまうといけないので、ジフの残りはIH掃除や鍋磨き、浴室の床で使いたいと思います。
それでは~

01bdecb2

毎朝、更新しています♬
このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
5100名以上が登録中♡