先日、洗濯機の機能を使いこなしていないことを書きました。


洗濯機の消臭機能はあれから、定期的に使っています。
特に、汗まみれのユニフォームを洗濯する時には簡単で良いです。

洗濯機の、「消臭」機能

自分が使っている物には、まだその機能を充分に使いこなしていない物も多いと思います。

先日のテレビで、iPhoneの緊急通報について取り上げられていました。
これは知らない方もいるのではないかと思いますので、書いておきたいと思います。

【SOS緊急通報のやり方】

iPhoneの電源ボタンを素早く5回押すと、緊急SOS画面に変わります。


BlogPaint

実際にやってみました。

すると、緊急SOSの画面になり、緊急地震速報のような音が出て、3,2,1とカウントダウンされました。

IMG_7091

カウントダウンが終わると、緊急SOSのスライダ(警察・海上保安庁・火事等)が表示され、通報したい先に電話が掛けられます。

46ffa1fdbd1f17d09246c00e4a940e7e

咄嗟の時に、これは助かりますね。

事前に緊急連絡先を指定しておくと、緊急電話が終わったらテキストメッセージを送信してくれます。
電話が終わると、特にキャンセルするように選択しない限り、指定の緊急連絡先に iPhone の現在地を知らせるテキストメッセージが送信されます。

位置情報サービスがオフの場合は、一時的にオンになります。

所在地が変わると、緊急連絡先にそのつど最新の位置情報が送信され、約 10 分後に iPhone に通知が届きます。
これありがたいですよね。
何かあっても、家族に連絡が届くと迅速な対応ができます。

私は、iPhone6sですが、iPhone8以降の機種だと表示等が違うようです。

ios12-iphone-x-place-emergency-call
  1. サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを、「緊急 SOS」スライダが表示されるまで押し続けます。
  2. 「緊急 SOS」スライダをドラッグして、緊急電話をかけます。スライダをドラッグする代わりに、サイドボタンと音量調節ボタンを押し続けた場合、カウントダウンが始まり、通知音が鳴ります。カウントダウンが終わるまでボタンを押し続けた場合、自動的に緊急通報用電話番号にかかります。

iPhoneをお持ちの方は、是非確認してみてください。

さて、「人間は脳の10%しか使っていない」という都市伝説がありますが・・・。
歳を取ると、本当にそうなんじゃないかと思っちゃいます(笑)

説明書を読むのも面倒だし、面倒な作業も避けて通りたくなります。
老眼が進んだことも原因かもしれません。

ボケ防止の為にも、もっと脳を活性化させたいですね。
そうそう、アルツハイマー型認知症の父親が、参議院選挙の投票に行ったようです。

0042c213c2c9b690dc8b852a19e23ccd_s

それも早朝に!
凄い意気込みです。

認知症の父親が参議院選挙の投票で驚くべき行動を取った!!

認知症の記事の続きはこちらです

ブログ内での私のアイテムが集まっています。
IMG_6250